裏木曽中津川

Photo

地域のご案内(観光)

坂下・山口 川上 加子母
付知 福岡 蛭川

坂下・山口

椛の湖

標高560mの椛の湖のレイクサイドの広がる
ロケーションは四季を通じて最高です。
キャンプ、サイクリング、ボート、テニス、
フィッシングなど自然とのふれあいを楽しみスポーツで汗を流す。
快適なアウトドア・リゾートとして、にぎわいをみせています。
紅葉の秋は静かな雰囲気が湖畔にただよい、しっとりとした美しさに包まれ、旅情をかきたててくれます。
詳しくはこちら >>

道の駅 きりら坂下

木曽路の南玄関口に位置し木曽川の河畔にたたずむ施設です。
そば打ち・黒糖饅頭づくり・栗きんとん絞りの手作り体験が
気軽に楽しめます。特にそば打ちは、椛の湖自然公園で栽培した
良質なそば粉です。地元の特産品がそろった売店、
レストランも充実した人気スポットです。
詳しくはこちら >>

道の駅 賤母

現代日本画壇の巨匠「東山魁夷・心の旅路館」や
緑地公園を併設しています。
レストランでは、五平餅や手打ちそばなども堪能できます。
季節感のあるお土産、朴の葉餅・からすみも好評です。
詳しくはこちら >>

東山魁夷 心の旅路館

風景画家として独自の境地を確立し、
日本美術画壇を代表する故東山魁夷画伯の版画作品(
リトグラフ・木製版画など)を展示しています。
1994年(平成6年)に画伯から作品500点余の寄贈を受け、
1995年(平成7年8月)同館はオープンしました。
詳しくはこちら >>

坂下神社

JR坂下駅北西の、坂のてっぺんあたりに鎮座するお社で、
木曽義仲の厚い信仰を得た神社です。
義仲は十二の神を祀り出陣の際には必ず武運長久祈願に
訪れたのだそうです。毎年10月には800年の歴史をもつ
勇壮な花馬まつりが行われます。

福徳神社

恵比寿(えびす)さまと大黒さまの御利益で知られる
坂下出雲福徳神社は正月5日、いち早く「5日えびす大祭」が
毎年行われ、商売繁盛や金運を願う参拝者でにぎわいます。
 同神社は1932(昭和7)年、島根・出雲大社から分霊して
創建され、平成7年に高さ約2.2メートルの恵比寿さまと
大黒さま石像を設置しました。
出雲福徳神社の石像のお腹を触ると金運上昇のご利益が
あるといわれ、くじ運などが良くなるという話が口コミで広がり、「福徳」の名の縁起のよさも評判で内外から参拝者が訪れています。
詳しくはこちら >>

上野薬師寺

天正年間に建立された古刹、大流磯前神社は壮麗優雅な彫刻、
絵画などが数多く収められています。境内には樹齢800年、
天然記念物の大杉、大イチョウも…。上の薬師堂には本尊である
薬師如来像もあって、芸術品、天然記念物の宝庫といったところです。

西方寺の大石仏

高さ約3m、巾約5mの巨大な自然石に、レリーフのように彫られた
阿弥陀如来の座像。その前に地蔵菩薩と馬頭観音をともなう
三尊形式のものです。とにかくびっくりするほどの大きさと、
そのユニークな表情には思わず見とれてしまいます。
今から250年余り前の享保14年に建てたれたものとみられます。

諏訪神社

本殿はケヤキ、屋根は銅板の三間形式の社殿で、
木曽の宮の越で宮大工をしていた中村傳左衛門善重の
作であると考えられている龍や、仙人などの華麗な
彫刻が施されています。
諏訪神社裏の社叢は、上木層は杉・桧など13種類程、
下木層はサカキ・ソヨゴ等17種類以上、そして潅木草本類は、
34種類ほどが自生していて、長野県下でも数少ないと
されている暖帯性の植物も確認されており、
温・暖両帯の植物が観察できる重要な所で、
長野県の天然記念物に指定されています。
また、諏訪神社隣り粟島神社の前にあるシダレエノキは
日本にわずかしかない中の一本でありとても珍しいものです。

伝説 いわれ  竜宮峡乙姫岩

乙姫橋から眺めるけしきは格別です。
木曽川の深い渕とそそり立つ荒々しい岩肌が、
雄大な自然美を見せてくれます。橋の欄干には
ここに伝わる浦島伝説の解説板、両岸には乙姫と
浦島太郎のモニュメントが建っています。

伝説 いわれ  旗巻き渕

応永年間、討伐に失敗した後醍醐天皇方の尹良親王親子が
落ちのびてきて、追手軍との戦いになったといわれるところ。
錦旗を渡さないために旗をまき渦巻く渕に投げ入れたと伝えられ、
この名が残されました。

伝説 いわれ   刀研石

宗良親王が欠けた刀の刃を共の者に研がせたという石。
椛の湖へ向かう坂道から少し分け入った山中にあります。
石の残る窪みは研ぎ後だと伝えられています。

トップに戻る